FC2ブログ
« 2019 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

*クオーツガラスコーティング*ベントレークリーニング

004_convert_20081020163125.jpg
C.B.F「カービューティ・ファクリー」東大阪長田店
こんにちは。
今日もすごくいい天気で、昼間はちょっと暑いぐらいでしたね。
天気がいいとコーティングや車内のクリーニングの仕上がりがめっちゃいいですわ。
この仕事は湿度がおおいに関係してきます。
002_convert_20081020163330.jpg
メルセデス・ベンツCLSのパールカラーですので、コーティング剤は今回、クオーツ(親水タイプ)を
お勧めして施工させて頂きました。他の樹脂系とか撥水タイプのコーティング剤がダメだというわけ
ではございません。ボディカラーのパールは「構造色」だからです。構造色をもつ物は、見る角度に
よって色や明暗がかわって見え、独特な色彩をつくります。余談ですが、もともと構造色は自然界か
らのもので、アワビの貝殻の内側、モルフ蝶、タマムシ、クジャクの羽根など表面の微細な構造によ
って美しい色をつくり出しています。さらに人工的に同じ構造をつくり、光を制御する技術が生まれて
いるそうです。それらを「フォトニック結晶」と呼ぶそうです。自動車の塗装、化粧品、繊維などに応用
研究が進んでいるそうです。すんません最近、「光とは何か?」という本を仕事がら興味があって読
んでるもんで・・・。
コーティング剤の話に戻りますが、光は塗装面の内部に入ると底の面で、入射した光は、反射をおこし
再び、外に出てきます。その中、パール独特の反射光「構造色」でキラキラ輝くわけです。
今回、クオーツガラスコーティングを選択したのは、有機系剤だと、ブレンドされている油性分が邪魔になると思い、パーヒドロポリシラザン(無機質)を主成分としたシリカガラス膜(クオーツガラスコーティング)になりました。(ガラス=シリカ~SiO2)透明感に優れている。
誤解のないように、有機質結合のガラスコーティング剤が劣ると言うのではございません。あくまで、私の経験上、私論でパールカラー「構造色」へのこだわりです。
005_convert_20081020163204.jpg
ベントレーのルームクリーニング
先日よりお預かりし作業していました。やっと完成です。
天気が良いおかげでスカッと仕上がりました。新車時の革のいい匂いが戻りました。

クオーツガラスコーティング
ルームクリーニングのお問い合わせは、
C.B.F カービューティ・ファクトリー
TEL 0120-678-817
HP http://www.carbeauty.co.jp
メール info@carbeauty.co.jp
大阪、東大阪方面においでになりましたら、是非、一度いらっしゃて下さい。
                                           寺園。

ガラスコーティング | CM(0) | TB(0) 2008.10.20(Mon) 16:47

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示する

 

プロフィール

カービューティ・ファクトリー東大阪

Author:カービューティ・ファクトリー東大阪
大阪のガラスコーティング専門店、カービューティ・ファクトリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード