FC2ブログ
« 2019 . 06 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ポルシェカイエンの車内クリーニング

001_convert_20081123164601.jpg
毎度ありがとうございます。カービューティ・ファクトリー(C.B.F)長田店です。
今朝は変わった雲が青空に広がっていました。
018_convert_20081123164747.jpg  016_convert_20081123164721.jpg
020_convert_20081123164807.jpg  025_convert_20081123164828.jpg
011_convert_20081123164621.jpg  012_convert_20081123164641.jpg
014_convert_20081123164702.jpg  027_convert_20081123164849.jpg
046_convert_20081123164932.jpg  028_convert_20081123164908.jpg
革のクリーニングです。車の革シートの場合、汚れの原因は乗り降りの際の擦れ(摩擦キズ)で汚れる事が多いです。特にサイドサポート部分や腰の位置あたりが良く汚れが目立ちますね。革自体が天然素材ですので摩擦キズや日焼けで革自身が年月が経つと劣化してきます。稀に革の艶だしをいれてある革シートをクリーニングする事がありますが、艶出しをいれてあるシートの方が汚れ方がひどいですね。これは、艶だし剤の成分に油分、ろう分が含まれている商品が中にあります。ろうなどは、汚れを吸着しやすいのが原因と思われます。私の考えですが、革も自動車の塗装と同じように塗装がしてあります。染め革に塗装を施し、クリアーで保護してあります。この理屈から言うと艶出し剤では表面のクリアー層を守る役目は果たしきれていないような気がします。保湿が目的であるのであれば私の経験上、日本の気候で日常使用する上では必用ないのではないでしょうか。最も、艶の美観を好まれる場合はべつですが。クリア層上の汚れは洗剤等で落ちますが、経年で摩擦によりクリア層を剥がし、染色革に塗装された下色を擦りはがして革自体も傷んできます。そうなると、クリーニングでは美観はでません。また、革の部位でシワになっているところ等も擦れやすく汚れが目立ちますよね。革も動物の皮膚ですので擦れてきたら、よく見ると毛穴に黒ずみが出ます。今回のお車は手あかや薄汚れで楽に落とせました。

 



未分類 | CM(0) | TB(0) 2008.11.23(Sun) 16:50

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示する

 

プロフィール

カービューティ・ファクトリー東大阪

Author:カービューティ・ファクトリー東大阪
大阪のガラスコーティング専門店、カービューティ・ファクトリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード