FC2ブログ
« 2019 . 06 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2億年の時を超えた世界最古の木〝ジュラシック・ツリー″

001_convert_20081105223201.jpg
こんばんは、カービューティ・ファクトリー(C.B.F)長田店です。
004_convert_20081105222850.jpg  033_convert_20081105223105.jpg
ジュラシック・ツリー(ナンヨウスギ科)と言う地球最古の木~生きた化石と呼ばれ樹木の誕生は、恐竜時代以前にさかのぼるそうです。地球の生命史を観ると、人間の祖先が海を出て上陸を成し遂げた背景には「地球最初の木」とも言うべき植物の存在があったといいます。アーキオプテリスと呼ばれ、年々成長する幹をもった史上初の植物でした。この植物が陸上生物の祖先であった魚たちの水環境を守ったり、葉を落とすことで栄養分を提供する役割を果たして、ついには陸上へと導いたというのです。そもそも海で誕生した生命が陸上進出したのも植物が最初で4億年以上も前のこと。脊椎動物が上陸したとせれるのが3億6000万年前です。そして、上陸したあとも動物が両生類としてまだ水辺を離れることのできなかった間、植物は胞子から種へと子孫の増やし方を進化させ、乾燥した大地へと広がっていきました。地球の開拓者は植物だったのです。我々動物はその植物のあとを追った存在、植物の恵みに守られて進んできたといえるわけです。ジュラシック・ツリーという太古の植物が出現した頃、人類の祖先である哺乳類も誕生したばかりで、小さなねずみ程の小動物であった。ありがたいことに、人類は地球の歴史の中で、非常に稀な温暖で安定した気候の次期に暮らしている。このジュラシック・ツリーは、想像を絶する地球環境の激変(氷河期、干ばつ、被子植物の競争など)を乗り越えて、現在も生きつずけています。いろいろと、想像を巡らせるとロマンを感じます。たまたまかどうかむずかしいことはわかりませんが、人間はいご心地の良い地球環境に誕生しているのであるならば、CO2の問題、地球温暖化の防止、環境問題はきわめて重要な課題です。
オーストラリアで発見されたジュラシック・ツリーの原木の輸出や輸入は絶滅危惧植物の国際貿易を禁じたワシントン条約で取引が規制されています。オーストラリアが絶滅危機を回避する為に「ウォレマイパイン保護計画」と言うプロジェクトで保護しています。保護計画の目的は地球の植物保護にあるそうです。このジュラシック・ツリーの売上金の一部「一鉢200円」はオーストラリアと日本の絶滅危惧植物保護と骨髄バンクに寄付されます。寄付金の状況は、毎年3月ホームページで公開されます。[http://www.wollemipime.com]
014_convert_20081105222916.jpg 036_convert_20081105221900.jpg012_convert_20081105222939.jpg
カービューティ・ファクトリーの2階にジュラシック・ツリーを置いてあります。ごゆっくり、くつろげるスペースとなっておりますのでお立ち寄り下さい。





未分類 | CM(0) | TB(0) 2008.11.05(Wed) 23:19

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示する

 

プロフィール

カービューティ・ファクトリー東大阪

Author:カービューティ・ファクトリー東大阪
大阪のガラスコーティング専門店、カービューティ・ファクトリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード